BLOG

 

スリムな体を保つため、モデルさんは、1日に大量の水を飲むと言います。

モデルさんがお水を飲むのは何故か?

 

私たちの身体の70%は水分だと言われています。

体内水分量は、加齢とともに減少してきて、50代では60%を切る人もいます。

 

ちょっと想像してみてください。

水道管は長年使っているうちに管の内側に、

不純物の汚れがどっぷりとついています。

 

ちょろちょろと水を流しても詰まりはとれませんね。

 

私たちの身体も同じで、お水をあまり飲まない人は

血管が糖の摂取などで、どろどろになっていってしまうんです。

綺麗な流れがないと、血管は詰まると言うことです。

 

そうでなくても、私たちは普段の生活の中で

呼吸・汗・鼻水・つば・排尿などで水分を自然と失っています。

就寝中に出る水分は一晩で200ml~500mlとも言われています。

 

つまりモデルさんたちは、お水をこまめに飲むことによって

失わる水分を補い、代謝を上げているんです。

 

私は、大丈夫。 1日に何杯もお茶を飲んでいるもん♪

と言う方もいらっしゃると思います。

 

 

でも、私たちエステシャンが口を酸っぱく

「お茶はお水の代わりになりません。」 と言うのは

お茶にはカフェインがあって そのカフェインが

 

■ 食欲を増す

■ 体を冷やす

■ 免疫力を下げる

■ 利尿作用を促進し、大切なビタミンやミネラルを排出してしまう。

■ 利尿作用により、水分不足になり、むくみをつくる

 

と言う結果を招くからです。

 

カフェインは、腎臓で分解するときに私たちの酵素を使用するので

酵素の無駄遣いをしてしまうと言うことなんですね。

 

ミネラル発酵ジュース教室では、

 

■ 食物酵素

■ 潜在酵素(体内酵素) 

 

のお話をさせて頂きましたが

 

その潜在酵素が代謝のために使われるのではなく

カフェインの分解に使われてしまうということです。

出来れば、その分も代謝のほうに回して、痩せていきたいですよね?

 

これは、麦茶やルイボスティなどのノンカフェイン茶だったら

いいんじゃないの?

 

と 疑問がでるところですが、

 

麦茶・ルイボスティは以前のブログでお話したとおりに

抗酸化作用があるので、 日中に飲んで

紫外線からくる活性酸素の予防

カフェインを摂りたくない人のお茶としてはいいと思いますが

 

 

私たちの身体の60兆個と言われる細胞1つ1つに入って行って、

細胞の中をお掃除できるのは、純粋に水だけなんです。

お掃除が出来てないと、代謝を上げてくれるミトコンドリアさんも

元気に活動してくれないってことですね。

 

なので、私の意見としては、

 

■ ノンカフェインのお茶・・日中 1日3杯くらいまで

■ 水・・・ 1.5リットル~2リットル/日 を1hおきくらいにこまめに摂取

 

がいいかと思います。

 

コメントは利用できません。