BLOG

人気の糖質制限ダイエット。

今はもう誰もが1度はやったことがあると言っても過言ではないですねー。

 

難しいカロリー計算や食事の量を減らしたり
運動をしなくても
糖質の量を減らすだけで、痩せていくと言うのが
手軽なのだと思います。

さて、では、今日はそれぞれの食品の糖質の量は、どうやってみるの?
と言う基本のところをお話したいと思います。

 

 

炭水化物の糖質量の見方

今はコンビニに置いてある商品や
ファミレスのメニューには、しっかりと糖質量が書いてあって
計算しなくても、すぐわかるようになっているのが
ほとんどですね。

 

まず、知っておきたいのが、
炭水化物とは、 糖質に食物繊維が加わったものと言う事。
(炭水化物=糖質+食物繊維)

 

糖質の内訳はこのようになっています。
太りやすいと言われているのは、砂糖や水あめなどが入った二糖類ですね。

 

  • 糖類・・・・・・・単糖類   ブドウ糖・果糖など
             二糖類   ショ糖(砂糖)、乳糖、麦芽糖など
  • 多糖類・・・・・・でんぷん、オリゴ糖、デキストリンなど
  • 糖アルコール・・・エスリトール、キシリトール、ゾルビトール
             マルチトール、ラクチトールなど
  • 合成甘味料・・・・アセスルファムカリウム、アスパルテーム、
             ネオテーム、スクラロース、サッカリン、アドバンテームなど

 

 

ですから、この炭水化物から食物繊維を引けば、糖質の量が分かってくるのです。

下の図をご覧ください。

 

 

表示されている糖質量と計算が合っていますよね?

 

じゃあ、具体的に糖質量が表示されていない場合は
どうやってみるのか? と言いますと・・

 

カロリーから糖質量を計算

 

 

 

カロリーから糖質量を計算するんです。

カロリーは、 

 

 

脂質 1g=9Kcal  タンパク質=4Kcal  糖質=4Kcal  

で成り立っている。

 

 

私は、脂質9Kcal以外はみんな4Kcal と単純に覚えています。

なので、 脂質 2.6g×9Kcal = 23.4Kcal
     タンパク質 4.9g×4Kcal = 19.6Kcal

これらを総カロリーの 164Kcal から引いて、 121Kcalが 糖質のカロリーと言う事。
(164-(23.4+19.6)=121)

糖質も1g=4Kcalなので この121Kcalを4Kcalで割るんです。
(164-(23.4+19.6)= 121÷4 =30.25)

食物繊維にはカロリーがないので、これが糖質量と言うことになります。
炭水化物量とほぼ一緒になりましたね。

 

 

まとめ

 

■炭水化物 は、糖質に食物繊維をプラスしたもの。

■糖質量は、炭水化物の重さから食物繊維の重さを引けばわかる。

■糖質量は、カロリー計算からも分かる

  【計算方法】
  糖質量 = 総カロリー数 -(脂質量×9 + タンパク質量×4)÷ 4

 

後ろに下がっていくショコラ ←📹

 

 

無料相談のご希望はこちらから↓

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

きょう【7日間無料メルマガのお知らせ】📩

なぜかうまく行かないダイエット。😿

答えは簡単!
マインドが整ったら総てうまく回りだします。💕

ストレスオフのダイエットマインドになりませんか?
📩7日間の無料メルマガがあなたにヒントを与えます。💡

詳しくはこちら👇

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

コメントは利用できません。