BLOG

今日はものすごく暑かったですね。

今朝の私は、いつもより早起きをしてしまいました。
エアコンをかけているのにも関わらず
暑くて目が覚めてしまったのです。

おかげで睡眠時間は5時間くらいになってしまいました。

皆さんは、この夏
睡眠不足になっていませんか?

 

睡眠不足が肥満のもと。
と言うのは、もう有名なお話だけれど

睡眠不足になると

 

◆食欲を抑制するホルモン
 レプチンが減ってしまう。

◆食欲を増すホルモン
 グレリンが増えて、夜中でも食べたくなる。

◆全ての器官や組織の発達や修復、維持に関与し、健全な新陳代謝を促進するホルモン
 成長ホルモン

 脂肪を分解する働きもあり、1日あたり300Kcalの脂肪を分解できる。
 睡眠が少ないと分泌が減ってしまい、心身の維持が困難になってしまう。

◆ストレスから、身体を守るためのホルモン
 コルチゾール

 ストレスが多くなると、成長ホルモンの分泌を妨げ
 過剰なインスリン分泌を招き、脂肪を溜め込みやすくします。

 

と言う訳で、
睡眠不足は太るのですよー。

 

 

では、良い睡眠をとるために・・

 

痩せるためのルール】

・寝る3h前には食事を済ませる
  お腹が膨れると眠くなりますが、消化に忙しくなり睡眠の質が落ちます。

 

・日付が変わらないうちに寝る
  成長ホルモンが出るのは、眠ってから3h以内に一番多く出ると言われています。
  明け方になってくると、コルチゾールが増えてきて、
  目覚めてしまうので、遅い就寝は成長ホルモンの分泌量が減ってしまいます。

 

・寝る前にスマホ・パソコンなどのプルーライトを見ない。
  ブルーライトは太陽と同じ作用をするので脳を刺激し、
  体内時計を狂わせると言われています。
  寝る前は、スマホやゲームをするよりも本を読むほうがいいですよ。

 

・部屋を暗くする。
  睡眠の質をあげるには、明るいまま寝るよりも暗い方がいいですよ。

・寝る1hくらい前に入浴を済ませる。
  人は体温が下がった時に眠気を感じます。

  お風呂で温まってから
  体温が下がってくる時間に寝る方が、眠りにつきやすいです。
  そういう意味でも、シャワーより湯舟に浸かるほうがいいですね。
  (38℃~40℃のお風呂に15分以上がベスト)

 

・眠れない時
 ・豆乳 ・ミルク など 温かいタンパク質の飲み物をとると良いですよ。

  

 

 

いかがでしょうか?

夏の夜長、やりたいことも沢山あるでしょうが、
なるべく1日7hは眠れるように心がけてみてくださいね。

 

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

3カ月オンラインダイエットがおススメ。

お家に居ながら
スマホで簡単ダイエット📲

💠サプリ購入なし
💠厳しい運動なし
💠ダイエットインストラクターのマンツーマンサポート
💠3ヶ月最低−3キロ保証
(☝️ちゃんと指導を守ってくれた方のみ)

オンラインだけじゃ痩せれないんじゃないか?
って心配じゃありませんか?

安心してください。
遠方でも お食事写真を拝見して、
毎回丁寧にアドバイスいたします。

ご相談はお気軽にLINE@から。📩

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

 

コメントは利用できません。