BLOG

私は正直言うとファスティングって
あまり好きではありません。

 

ファスティングカウンセラーの資格をもって
自分でもファスティングを何回か経験しているけれど、

食べられないのって
やっぱり辛いじゃないですか・・

 

根が食べたい人だから、食べない日が3日も続いたら
もう辛い。

頭の中は食べ物でいっぱいになってしまう。

だけれど、ファスティングをする人の中には
ファスティングしているうちに、
だんだん身体が慣れてきちゃって、

どうせのことなら、
このまま 延長であと数日行けそう!

とか、 

ファスティングハイ!

になって楽しくなってくる人もいるんですよねー。

 

 

ファスティングとは、そもそも体重を減らすためではなく
普段使いすぎている胃腸を休め、
体調を整えるためのもの。。

体重が減るのは、おまけみたいなものなんです。
でも、ダイエッターは体重を減らす目的でやる方が多いですよね?

 

ところで、今週 うちの愛犬ショコラとカカオが体調を崩しました。
ショコラは嘔吐と食欲不振で食べない。
カカオは下痢が続いて、辛そうでした。

義父母もつれて、家族総出で動物病院に行き
まるで子供が危篤状態か?

と言うような大騒ぎをして診てもらいましたが、

 

要するに原因は、仔犬たちをしつけ教室に連れていき
しつけのために食事以外のおやつを食べさせ過ぎ。

ワンコはおやつ大好きですから、いくらでも食べちゃったんです。

 

特に ショコラの場合は、
月年齢の割に痩せているので、
少しでも太らせたくて、ここのところ餌も多めにあげていたのです。

 

わんちゃんたちの消化のキャパを超えてしまったんですね。

Dr.に言われたのは、履いたり下痢で薬が出ていかないために
注射をします。
あとは、1日半 何もたべさせないで様子をみてください。

 

こんな小さな子犬たちに1日半も何も食べさせないで
水だけなんて。。可哀そう。

弱っている様子をみると余計に食べさせたくなりましたが
そこはガマン。

 

おかげで元気に回復しました。

 

犬も人間と同じなのだなぁ~と思いました。

■食べ過ぎると消化不良を起こす。

■体調が悪い時には、ファスティングをするとよい。

 

本来 動物は、体調が悪い時は
洞穴にこもって、何も食べずじっと過ごして病気が治るのを待つのです。

 

人間は不思議なもので、
体調が悪いと、おかゆを作って食べたり、身体に熱があるのに
しょうが湯を摂ったりと
明けても暮れても胃腸を休めると言うことをしませんが、

本来だったら 動物を同じように
水分をとるだけの断食をしたほうがいいのでしょう。

普段の生活でも病気とは言いませんが、
人間の食べ過ぎやはやはり自ら体調を悪くしているのと同じです。

 

ですから、ダイエットの指導として

■空腹を感じてから食べる。

とか言っているのです。

 

それと同様に
常に何か食べ物を口にしてしまっていると言う状態の人は

食事の量を減らすとか
何を食べたらいいとか言うよりも

 

まず、ファスティングでリセットするのをお勧めします。

 

ファスティング嫌いの私がおススメする理由

 

■ 食事に対して感謝できるようになる
  (普段 いかに贅沢に好きなものばかり食べているか自覚できる。)

■ 味覚整う(味付けの濃いものでなくても満足できる)

■ 少量の食事でも満足できるようになる

■ 身体の中にたまった良くないものが出ていき、身体がスッキリと楽になる

■ 糖質依存でイライラや気分の浮き沈みがある人は定期的にファスティングをすることで落ち着く。

■ 体調が良くなる

 

などの理由です。

嫌だ嫌だと言いながらも、良いところを感じているのでおススメしています。
空腹を感じないうちに、食べていませんか?

 

月に1度の定期的なファスティングで生活にメリハリをつけるのもいいですね。

 

 

PS. 犬の興奮をおさえるアミノ酸サプリと言うのを目にしました。
人間も寝る前にトリプトファンと言うアミノ酸を摂るのが
副交感神経を優位し、不眠を防ぐので、 
ふーん、ここでも人間と一緒か。。  とまた感心してしまいました。( ´艸`)

 

 

 

 

 

 

 

コメントは利用できません。