BLOG

今日は心理学のお話をしたいと思います。

この間 私にはちょっとした事件がありました。

粉川さんに相談がある。。
って言われて逢ったら、セールスでした。

まぁ、「相談」と言われて、「セールス」と言うことは
これだけ長い人生を生きていればよくあることだけれど、

郵送でカタログ送るね。と言っていたのが、
突然 明日届けるよ。 に変わって
約束の1h前になったら、

「うまく説明できないと思うから、上の人連れてっていい?」

 

って、なんで

「相談」から二転三転して、話がコロコロ変わるのよ。

と ストレスを感じてしまいました。

 

こーゆーときは最初から
〇〇のお話がしたいんだけれど、聞いてくれる?

と言われたほうが、まだ私的には受け入れられた。

でも、彼女にとっては
本当にいいものを教えてくれようとしているのだから
全然悪気はなく、良い事だったんだろうな。

そう思うと、結局 何も言えませんでした。

相手に何も言わないで
自分の心の中だけで解決しようとすると
モヤモヤしますね。

 

以降しばらく、私の気持ちは、沈んでしまったのです。

 

それとは、別に
この間 ちょっと忙しくしていて
Facebookから遠ざかった時がありました。

いつもコメントしてくれる方に
「ご無沙汰しちゃってごめんね。」と

コメントしたら、

「寂しかった。」 と言うお返事が返ってきました。

 

 

これには、驚きました。

「寂しかった。」と言うお返事は予想できなかったから。

「ううん、大丈夫だよ。気にしないで。」とか
 忙しかったんでしょう?」

私は、そんなお返事を心の中で想定していたんだと思います。

 

「私は、寂しかった。。」

 

って、ズッキューンときませんか?

 

「おおー! 寂しかったのね? ごめんねー。
 寂しい気持ちにさせちゃって、ごめんねー。」

 

って思いました。

 

そう、「粉川さんのここが悪い」と言われるよりも、
「全然平気。 気にしないで。」 と言われるよりも

素直に彼女の気持ちを

「寂しかった。」と伝える方がよっぽど響いたんです。

 

これ、心理学で言うと

I message  (私が~と思う) と言うもの。

 

普通 人って、何かあると 相手に
○○してよー。 と

相手にしてほしいこと。してほしかったことを言って
人を支配しようとしたり、人を動かそうとしたり
もしくは、人を責めたりする気持ちが湧いてきます。

相手を主語にして考えるのは、

You message と言って

人間関係が壊れるとき、この You message になっていることが多いんです。

 

今日は、心理学の先生に
セールスのお友達のことで、しばらくモヤモヤしてしまった。
と言ったらば、

出来事にいいも悪いもない。
相手はこーゆー人なんだ。。と思って
自分は自分。

しいて言えば、

最後に 何も言わないのではなく
I message にすればよかったね。

 

でした。

 

あなたは、ないですか?

なんかぎくしゃくしちゃって、
言いたいこと言えずにもやもやしちゃって・・

言ってみたら、つい相手を責めてしまって
喧嘩になっちゃって、
余計 気持ちが沈んでしまう。。なんてこと。

 

普段の生活で I message 意識してみると
人間関係うまくいくかも。
私も、今日は勉強になりました。

皆さんのストレスが少しでもなくなりますように。

 

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

  【7日間無料メルマガのお知らせ】📩

なぜかうまく行かないダイエット。😿

答えは簡単!
マインドが整ったら総てうまく回りだします。💕

ストレスオフのダイエットマインドになりませんか?
📩7日間の無料メルマガがあなたにヒントを与えます。💡

詳しくはこちら👇

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

コメントは利用できません。