BLOG

こんにちは。3連休もあっと言う間に終わりましたね。

連休 茨城では雨が降りましたが、
ここのところ、台風が多かったので
やっと 大雨が来ない連休を過ごしたと言う気がしています。

 

この間 お友達とみんなでランチをしていたら
台風に備えて、買いだめしちゃって いつもより食べちゃった。

と言うお話を聞きました。

皆さんは、そんなことありませんか?

 

食べ過ぎた栄養は脂肪になります。(当然ですが。。)
タンパク質なら太らない。と思っている方もいらっしゃると思いますが、
タンパク質だって過剰にとれば、太りますよ。

過食が続くと、身体の中は消化しきれていない状態が続き
結局 排便を促すよりも消化の方が忙しくなってしまい
腸内に便が溜まるようになってきます。

 

これが便秘ですね。

 

便秘の何がよくないのかって言うと、
便は腸の中でおとなしく排便を促されるのを待っているのではなく
腸は停滞している便からもさらに栄養を吸収しようとして
不要なものを腸壁から再吸収して血管に入れて体中巡るようになるのです。

 

そうなると、今度は身体が不要なものを排出しなくてはいけなくなるのですが
過食が続いていると、消化に忙しくなり
また後回し。。

結局 便秘が続くと、
どんどん痩せにくい身体になってしまうと言う事です。

 

ここでお伝えしたいのが、
3日間以上1週間にもなる便秘を繰り返す方は
特に1週間とかなる方は、 それ以上便秘にならないように
出すようにしてください。

 

お腹が痛くならないし、べつに苦しくないから。

と何もしないでいると
どんどん 身体は腸を動かすことを忘れてしまいます。

 

便秘を促すために

 

・食物繊維
・水
・良質なオイル

を意識して摂っていってくださいね。

 

 

腸内環境を悪化させると言われる3要素

 

1 糖質   糖は腸内のカンジダ菌のエサとなり、カンジダが増殖すると栄養の吸収力が落ちます。
        また、アミノ酸の吸収が悪化して皮膚の新陳代謝に悪影響を及ぼします。

 

2 グルテン 小腸の粘膜が炎症を起こしてしまい、栄養の吸収を阻止したりします。
         また、グルテンアレルギーがあると、腸管に穴が開いてしまう、リーキーガット症候群。
         正常なら腸から吸収されない未消化の食物や毒素・有害物質などが体内に吸収され血中に入ることで
         様々な症状を引き起す原因となります。

 

3 ガゼイン 牛乳に含まれるカゼインというたんぱく質は、牛乳アレルギーや乳製品アレルギーの引き金にもなり、
         カゼインの強い粘り気が腸の栄養吸収の働きを阻害したり、腸内で腐敗(悪玉菌を作る)を招くとも言われています。
       

 

 

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

  【7日間無料メルマガのお知らせ】📩

なぜかうまく行かないダイエット。😿

答えは簡単!
マインドが整ったら総てうまく回りだします。💕

ストレスオフのダイエットマインドになりませんか?
📩7日間の無料メルマガがあなたにヒントを与えます。💡

詳しくはこちら👇

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

 

 

 

コメントは利用できません。