BLOG

こんにちはー。 茨城県ひたちなか市 10歳若返る!美痩身ダイエット女性専門エステサロン Salon Wish 粉川眞理です。

 

今日は人間ドックで 半日以上クリニックに居ました。病院

 

待ち時間が長いので、本を2冊ノートノート持っていったら、 完読できてしまいました。。。

 

はぁ~ 長かったなぁ。。ネコ

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

 

はい、そーゆーわけで、 最近 読みたい本がいっぱいあって、

 

買っても 読めないでいる本もいっぱいあるのですが

 

 

そんな中、 たまたま買った全然 内容のちがう2冊の本が、

 

 

共通して面白いことが書いてあって、  今日は そんな内容のお話をしたいと思います。帽子

 

 

ちょっと長くなりますが、 本を引用しますね。

 

 

 

 

A 本

 

 

 

 

怒りっぽい気分は、糖分の摂りすぎが原因???

 

 

 

心に不満がある人ほど、甘いものをたくさん食べてしまうものだ。

その原因はアドレナリンである。

 

欲求不満や緊張を感じると、私たちの血液の中にはアドレナリンが多くなる。

 

アドレナリンは血中の糖分をエネルギーとして消費してしまうので、糖分が欲しくなるのだ。

怒りっぽい人が甘党なのは、そういう理由である。

 

怒りっぽい人は、人間関係もうまくいかない。

なぜなら、相手の悪いところばかり目について、よいところを探そうとしないからである。

 

もっと寛大になろうと自己暗示をかけようとしても、大抵はうまくいかない。

 

こういうとき、普通の人は自然に甘いものをたべてしまう。

しかし イライラが収まるのは、食べているときくらいで、食べ終わってしばらくすると、もっとイライラしてくるものなのだ。

 

だから、不満や緊張から甘いものを食べたくなっても、少し我慢するのがよいのである。

 

~一部割愛しました。 ~

 

 

そして、 もう1冊は、

 

 

 

B の本

 

 

 

砂糖を大量に取るとインスリンが過剰に分泌されるため、血糖値は急激にさがります。

 

 

血糖は、脳細胞や血液中で酸素を運んでいる赤血球の大好物なので、

血糖値が下がるとお腹がすくようにプログラムされています。

 

そのため、砂糖を取りすぎるとすぐ空腹になり、過食に走ります。

また血糖値が急降下すると、気分にむらが出k手来ます。

 

血糖を主要なエネルギー源とする脳が不安になるからです。

 

すぐにキレる子供たちの多くは、砂糖のとりすぎによる低血糖が原因という報告もあります。

 

 

 

A は人間関係の本で B は ダイエット本。

 

 

 

どちらも、 甘いものをたくさん食べると、 短気になるってことが書いてありますね。

 

いや、 短気な人が甘いものをたくさん食べると、余計 怒りやすくなるってことなのかな?

 

 

 

ふーん、そっか。。。電球

 

 

 

 

 

昔 OL時代  夜遅くまで残業していると、 残業中の人たちの集中力も切れてきて

 

 

カップヌードル食べたり、 チョコレートを食べたり。。。 仕事しないで、パソコンでゲームしたり

 

早く帰りたいけれど、帰れない。。。 イライラ。。イライラ。。(-皿-)イラッ

 

 

私もデスクの引き出しに お菓子を忍ばせていたっけ。。

 

 

集中力の切れた 営業マンたちが夜 ふざけていたりするのを見ると、

 

あんたら、 今やるべき仕事をちゃっちゃとやっちゃいなよ。

 

そんなことしてると、どんどん帰れなくなっつちゃうよ。

 

 

と 批判的な思いでいた私。。。

 

 

 

私も 糖分取りすぎなんだなー。。。イチゴケーキ

 

 

 

ちなみに糖分を控えるようにすると、 イライラも落ち着く傾向にあるみたいです。

 

 

 

ちょっと 身につまされたので、 書いてみました。

 

 

 

そー言いつつ、 今日も甘いもの食べちゃったけれど。。。えへへへ

 

 

 

 

 

 

コメントは利用できません。