BLOG

こんにちはー。 茨城県ひたちなか市 10歳若返る!美痩身ダイエット女性専門エステサロン Salon Wish 粉川眞理です。

 

昨夜 ベッドの中で、そうだ! このお話をしよう!!

 

と思い、興奮して逆に眠れなくなった私です。

少々長いです。

 

 

 

子供の頃の私のお話。

 

運動が全然ダメで、かけっこが特に苦手。

だって、走るといつもビリなんだもん。。

 

 

そして、スポーツテストは級外。

 

級外って、ある~???

 

 

と思われるかもしれませんが、あるんです。

 

私は、クラスで1人だけ、級外でした。

 

 

どれだけ、ドンなのよ。。。って感じですね。

 

 

プールでは、沈むし。。

 

 

運動会に親を呼ぶのも嫌で、運動会の連絡は親にしませんでした。

当然、ズル休み。  (あとで、親に怒られましたが。。)

 

 

 

それで、頭も良くなかった私は、クラスではどっちかと言うと目立たない子。  

 

自分の意見もハッキリ言えない子でした。

 

 

 

 

本当は、頭の中で、自分はこう思うとか、先生に指されたときの答えも用意していたのに、 もし答えて間違えて、クラスのみんなに 

 

 

「え~? それ違うよ~!!」

 

 

と批判されるのが怖かったのです。

自分の意見を言うのが怖かった。

 

だから、自分の意見はあんまり言わない方がいい・・・と子供ながらに解っていました。

 

 

通信簿の先生の所見には、 「いつも人の話を聞いていない。」 と書かれてありました。

 

・・・聞いていないんじゃありません。

 

 

自分の意見を言うのが、嫌だったし、誰かに叩かれるのが怖かったから、 「解りません。」  と言うのが無難だったんです。

 

 

まぁ、そんな訳でハッキリしないような性格の私で、当然、全然自信のない子でした。

 

 

でも、ある日 TVのCMで夏木マリさんが出ていたとき、ピクン!

 

と来ちゃいました。

 

 

背が高くて、スラーっとしていて、黒のドレスみたいのを着ていたと思います。

 

めっちゃめっちゃ、恰好良かったんです。

 

 

この人みたいになりたい!キラキラ

 

 

 

 

骨太だから、あーは、慣れないよ。

 

と言う気持ちもありましたが、 顔とかはいくら憧れても、整形手術でもしない限り、もう直せませんよね。

 

それに比べたら、スタイルだけは手の届く目標のように思えて、頑張ろうって気になれたんです。

 

 

頭も、努力次第で良くなれたと思うけれど、なんで、あの時 勉強でなく、スタイルに思いが走ったのか? と言うと、 単に、私が女の子で、興味がそっちにあったから。。。だと思います。

 

 

 

そう!  スタイルは、年齢を重ねても、いつでも手に入れられる。

 

 

 

以来、 私はいつも頭のどこかで、スタイルのことは気にしていると思います。

 

 

 

 

時々   ・・・  と言うか、正直に言うと、しょっちゅう

私は、なりたい自分になれなくて、落ち込みます。

 

お友達には、私は理想が高すぎるから落ち込むんだよ。

理想を下げればいいんだよ。

 

 

と言われます。

 

 

それもそーかもしれませんが、 どうしても 理想の自分に思いが行って、すこん!と達成できない自分に落ち込みます。

 

 

友達に話すのは、

 

 

 苦しい気持ちを吐き出したい。

 自分の気持ちを誰かに解ってもらって、楽になりたい。

 そんなことないよ。 私は、十分頑張っているからいいんだよ。

    と 誰かにかばってもらいたい。 甘えたい

 

 

 

でも、解りました。

 

その頑張っているよ~。 無理しなくていいんだよ~。

 

は、私にとって、 温くってとっても気もちいいんです。

 

 

このまま、ずっと いーこ。いーこ。 されていたいと思ってしまいます。

 

 

だけれど、本当に自分が望んでいるのは、いーこいーこされる自分ではなく、やっぱり目標を達成した自分なんです。

 

 

だから、いーこ。いーこ。 されるのも、ほどほどに自分で見切りをつけて、 どおれ、 また頑張るか!  

 

 

の道を選びます。

 

この繰り返し。。 (#^.^#)

 

 

 

 

この間 TVで東大生が20秒で数字の羅列を覚えられるか?

 

と言うのをやっていました。

 

 

結果、東大生はたった20秒で覚えられました。

東大生は、ぶつぶつと音読もしていました。

 

 

 

 

つまり、頭で覚えるだけでなく、東大生は聴覚にも頼って、脳に記憶させていると言う事でした。

 

 

な~るほどな~!

 

 

心理学のNLPでは、 「脳は主語を判別できない。」 と言っています。

 

つまり、 ヒトの悪口を言ってばかりいる人は、脳は主語を判別できないので、自分の悪口を言っているのと同じなんです。

 

つまり脳は、耳で聞いて、脳に記憶するようになっているんです。

 

 

 

だから、私が毎朝やっていること。

 

 

朝起きて、神棚のお水をとりかえて、

手をパンパン。

 

「神様、ご新規のお客様を連れてきてくださって有難うございます。」

「旦那さんが、無事に通勤できて有難うございます。」

「〇○様が、△kg 痩せられました。 有難うございます。」

 

と、

 

「ありがとう。」

 

と言える 自分にとって良かったことを思い浮かべて、(神様と言うよりも) 自分の脳に言い聞かせています。

 

そして、これから 〇〇さまが目標体重に達成したときのお姿を自分にイメージさせています。

 

 

馬鹿らしいと思われるかもしれませんが、イメージって、大事ですよ。

 

 

ブライダルのお客様は100%ダイエットに成功します。

 

 

それは、綺麗なドレスをきて、スポットライトを浴びる自分の姿がイメージできているからです。

 

 

なりたい自分を声に出して、イメージしてみてね。

 

 

コメントは利用できません。