BLOG

こんにちはー。 茨城県ひたちなか市 10歳若返る!美痩身ダイエット女性専門エステサロン Salon Wish 粉川眞理です。

 

 

今日は、昨日のお話の続きです。

 

出来たしまったシミをいくらレーザーで削ってもまた出来てしまうのは、

メラニン色素がある皮膚の上だけを削っているから。

 

 

 

って、ここまでが昨日のお話でした。

 

 

 

じゃあ、ターンオーバーを早めるためにはどうしたらいいか?

 

ここで、おさらい。

 

子供の頃にシミが出来ないのは、ターンオーバーの周期が早くて、メラニン色素が早く上に上がってきて、垢として落ちるから。

 

大人はターンオーバーが遅いから、メラニン色素が皮膚に留まる時間が長く、黒く見えてしまう。

 

そして、 シミの出来る出来る原因は、何も紫外線ばかりでなく、内因性の原因のほうが多いと言われています。

 

内因性の原因とは・・

 

 

チェック♪ 精神的ストレス・身体疲労

チェック♪ ホルモンのアンバランス

チェック♪ 妊娠や産前産後

チェック♪ 肝臓、卵巣の機能低下

チェック♪ 冷え性・血行障害

チェック♪ 腎臓障害

チェック♪ 便秘症

チェック♪ 婦人科疾患

 

 

などが揚げられます。

 

 

え~っつ、 こんなことがシミに関係するの??

って感じですよね。。。

 

強いストレスを感じると活性酸素が生じて、

それを消そうとメラノサイト刺激ホルモンが

 

シミの原因となるメラニンを作り出してしまうのです。

 

 

メラノサイト刺激ホルモンが活性酸素を除去するために、メラニンを泌すると言うことは、

 

そもそも

 

活性酸素がなければ、メラニンも出来ず、シミも出来ないということ。

 

 

あ~、ここまで説明するのに、長かった。

 

さらに、長いお話をすると、

 

 

 

要するに、 いっくらレーザーでシミを取ろうが、上からビタミンの美白エッセンスを塗ろうが、 シミの原因は、ほぼ内因的原因が70%を占める。

例えば、ストレスが原因でシミが出来ている人は、そのストレスを取り除かない限り、

 

活性酸素が次々に生まれて、メラノサイトがメラニンを作っていくので、シミが出来てくる。 

の繰り返し。
 

 

 

と、ゆーわけ。

 

 

ストレスに限らず、便秘になっても活性酸素は発生し、

私たちは、呼吸1つにしても活性酸素は発生しているのです。

 

だから、 まずは、 

 

シミ・ニキビには、活性酸素を取り除くインナーケアが大切です。ポイントポイント

 

これが言いたかった~!!

 

 

①活性酸素除去ありきの、②外側のケアなのです。

 

 

 

だから、シミと言っても、美白美容液やパックなどは、紫外線などの外的要因が原因でのシミケアは有効かと思うのですが、

 

ストレスによるシミ  過労によるシミ  便秘によるシミ

 

など 内的要因が原因のシミケアは、まずは 活性酸素を取り除くインナーケア

 

・ビタミン剤  や  ・水素サプリ  ・プラセンタ  ・亜鉛

 

などの服用や

 

水素はけい皮吸収のほうが多く吸収されるとも言われるので、 水素風呂などもいいですね。。

 

 

ストレスが多くなると、ストレスホルモン コルチゾールが多くなり、

幸せホルモン セロトニンが作れなくなってきます。

 

セロトニンが減ってくると、夜眠れなくなり、太りやすくもなりますよ~。

 

 

今日は長々とお話におつきあい、有難うございました。

 

 

 

 

コメントは利用できません。