BLOG

ダイエッターなら誰もがやっている

ベジファースト

もう、やっていない人はいないんじゃないかしら?
ってくらい巷に浸透していますね。

これって、そもそも
野菜を先に食べると食物繊維が血糖値の急上昇を抑える

って考えから来ているんですけれど、

血糖値の急上昇を抑えるなら、
糖質をいきなり摂らなければいいだけなんだから


何もタンパク質ファーストでいいじゃない??

 

って思いませんか?

 

それにタンパク質はたいてい
食事のメインに来ます。

 

人間の本能として
メイン料理から、本当は食べたいですよね?

 

私の経験ですが、
ベジファーストをすると、

野菜を食べながら、メインの料理をじっとみてしまうんです。
大盛りのサラダなんて作ったら
サラダを食べながら、

 

早くお肉が食べたい!!

 

なんて思っちゃって。。

 

だったら、タンパク質ファーストで素直にいけばいいじゃない??

 

と言うことで、
お肉から先に食べましょう。

 

今ひそかに、ミートファーストって流行っているのは知ってますか?

 

■ お肉は、野菜よりよく噛まなければならないので、
 自然と顎周りの筋肉を使うことになり、小顔効果に。

 さらに、よく噛むことで、満腹中枢が刺激され、食事による満足感がUP! 
 食べ過ぎを防ぐんです。

 

■ 脂質や炭水化物よりもタンパク質の方が食欲を満たすですよ。

 

■ 自律神経がだれがちな人に必見!

 自律神経を整えるセロトニンなどのホルモンの材料は、タンパク質。
 ホルモンバランスや自律神経のバランスが崩れると、ドカ食いを招きます。
 お肉などのタンパク質をしっかり摂ることは、ストレスによるドカ食いを防止に。

 生理やPMSの影響を受けやすい女性にもおススメ。

 

■ 睡眠不足の方にも
 セロトニンは安眠を司るホルモンであるメラトニンの材料なので安眠になる

 
 

【ミートダイエットのやり方】

1. お肉から食べる

2.お肉以外のおかずはバランスよくメニューに加えて食べる

3.ご飯は量を減らして最後に食べる

 

1回のお肉の摂取量は手の平分です。

 

牛肉: 脂肪燃焼効果のあるLカルニチンが豊富
豚肉: 代謝を上げるビタミンB群が豊富
鶏肉: 脂質が気になるに低脂肪

 

1日1食お肉を食べませんか??
消化不良気味の方はおススメできませんので、注意してね。

 

 

コメントは利用できません。