BLOG

茄子の紫色の皮にはポリフェノールがあって、

これがビタミン以上の抗酸化力があることは先日お伝えしました。

 

今日は、それに関連したお話で、

妊婦さんが好んで飲むルイボスティーって何がいいと思います?

 

☑ノンカフェイン

 

って答えが多いと思いますが、

そもそもルイボスティーって活性酸素に強い 抗酸化力 があるんです。

 

えへへ~。 知っていたよ~。。 って声が聞こえてきそう。。

 

でも、意外と思う方もいらっしゃるかもしれません。

緑茶は、摘んだ葉に熱を加えて発酵を抑えたもの。

逆に、紅茶・ルイボスティーは、 酸化酵素による発酵茶 なんです。

 

えー、また発酵の話~??

と言わないでくださいね。

 

ルイボスティは、紅茶と同じ発酵茶ですが

紅茶と異なるマメ科の植物で、抗酸化作用のある ポリフェノールを含みます。

お! 出た! ポリフェノール!!

 

ついこの間 茄子の皮でお勉強したばかりですね。

はい、忘れちゃった人は、前回の記事を読んでね。↓↓

油を使わないナス料理でアンチエイジング

 

だから、活性酸素除去 抗酸化力があるんです。

 

緑茶や紅茶もポリフェノールを含みますが、カフェインやタンニンを含むため
睡眠障害になったり、鉄の吸収を妨げます。

うちの姑は緑茶は殺菌作用があって、虫歯や風邪にいいんだよ。。と言って
1日に何杯も飲んでいますが

まぁ、何にも良い点と悪い点があって、

 

【鉄の吸収を妨げる】と言うのは、

血液に酸素を含んで送ることが出来なくなるので、

ダイエットやアンチエイジング 脳の機能にはあまりよくありません。

特に女性は生理で、毎月大量に鉄を失っているのです。

なので、私は、 毎日必ず食物やサプリで鉄を摂るようにしていますよ。

 

そういう訳で、ルイボスティーは抗酸化力がある発酵茶なんですが、

そこで ピン!と来る方

抗酸化 = ビタミン は有名ですね。

 

ならば、ルイボスティーにレモンはいかがですか?

ビタミンを加えることでさらなる相乗効果が期待できます。

サロンでは、ルイボスティーにさらに発酵ジュースで出来た

レモンピール・オレンジピールなどをお客様にお出ししておりますよ。

 

そんな訳で、まだまだ日差しが強い日が続いております。
今年はいつもより太陽が近くに感じます。

ルイボスティで活性酸素除去 若々しい身体へ。

 

シミ・しわ・日焼け防止

☑疲労回復

☑ストレスによる肥満防止

☑アンチエイジング

☑ボケ防止

 

 

追伸:ルイボスティーにミネラルウォーターを加えることで、さらにルイボスの発酵が進んだ??

 ↓↓↓↓  黒ウーロン茶みたいな色に変化しました。 (ウーロン茶も発酵茶です。)

 

コメントは利用できません。