BLOG

明るい部屋で、そのまま寝てしまうってことないですか?

 

最近 旦那さんは、ベッドで本を読んでそのまま寝てしまいます。

よくこんな明るい部屋のなか、

ぐーぐー寝られるなぁ~と思うのですが、 

 

これってあまり身体にいいことではありません。

 

 

 

こんにちはー。 茨城県ひたちなか市 10歳若返る!美痩身ダイエット女性専門エステサロン Salon Wish 粉川(こかわ)眞理です。

 

今日の私はこんな感じ♪

 

盛った~!! 笑 (*^▽^*)

 

 

 

睡眠がダイエットにとって大切なことは、

もうブログの読者さまは、よーく熟知のことと思いますが

 

 

睡眠ホルモン「メラトニン」は、朝日を浴びて大体15時間後くらいに分泌されます。

 

 

ところが、 明るいままの部屋で寝てしまうと、

この体内時計が狂って、メラトニンの分泌が少なくなってしまいます。

 

メラトニンは、食欲抑制ホルモン レプチン 分泌を促し、

反対に食欲を増す【グレリン】というホルモンを抑制させます。

ところが、 明るい部屋のままで寝ると、レプチン が少なくなって、【グレリン】 が多くなってしまうんですね。

 

 

だから、夜遅くまで起きていると、

ものすごい食欲に駆られるのか!

 

って、納得しません?  

 

 

瞼は閉じてても、光を完全に遮ることはしません。

だから、明るい部屋で寝ると、

 

■脳の記憶整理ができない
■身体の疲れが取れない
■太りやすい身体を作る
■女性ホルモン エストロゲンを作るのを妨げる
■乳がんや不妊のリスクを伴う
■うつ病になることも

 

と言うことが生じます。

 

 

だから、私は、明るい部屋で寝ている旦那さんに

どらえもんのアイマスクをつけてあげているんですよ。

 

image

(旦那さんの愛用品 私からのプレゼント)

 

 

ところで、なんでアイマスクが必要か?

なんで、カーテンではダメなの?

電気を消せばいいだけじゃない?

 

って思うところもあると思うのですが、

 

 

長くなるので、今回は

 

続きは、LINE@ のほうでお話しますね。

 

LINE@でお得なダイエット情報発信しています。↓↓
 

 

 

 

PS. 今日の私のお昼ご飯・・

 
最近すっかり自炊が板につきました。
アルコールもほとんど飲まず・・水に代わり
 
クッキーやケーキの類も食べず、
ダイエットが習慣化されてきた感じ♡

 

 

 
 
コメントは利用できません。