BLOG

こんにちはー。 茨城県ひたちなか市 10歳若返る!美痩身ダイエット女性専門エステサロン Salon Wish 粉川眞理です。

 

今日は、風が強くて せっかくの桜が沢山散ってしまいましたね。

 

 

やっと 見ごろだ~*さくら*   と思っていたのに、  ちょっぴり寂しくなりました。・

 

 

 

 

 

ところで、 皆さんは、 ベージュ脂肪細胞って言葉をご存知ですか??

 

なんだこりゃぁ???   と 思われる方も多いと思いますが、

 

 

今まで 私たちの身体の脂肪と 呼ばれるものは、

 

 

 

・白色脂肪細胞 (食べ物の過剰摂取により蓄積)

 

 

 

 

・褐色脂肪細胞

 

 

 

 

があると言われてきました。

 

 

 

 

もちろん、 その名の通り 脂肪細胞の色が白いか褐色 って違いもありますが

 

 

 

 

白色脂肪細胞は、 いわゆるお肉~。。ステーキ一切れ   と言われるところについている脂肪で

 

 

 

下っ腹や 太もも 臀部につく 皮下脂肪や内臓脂肪です。  どっちかと言うとあんまり嬉しくない脂肪さん。  でも、 脂肪の貯蔵庫の役割をしてくえて、いざと言う時に、ここからエネルギーを作ります。

 

それと、 身体のクッションの役割もね。

 

 

 

褐色脂肪細胞は、  肩甲骨・腎臓・脇の下 に存在し、

 

 

 

こちらは、 体が冷えたときに体脂肪を燃やして熱を作り出す働き(体温調整)があるので

肩甲骨をよく動かしたり、 褐色脂肪細胞の存在するところを冷やしたりして 褐色細胞を活性化するといいと言われています。

 

 

しかし、ここにきて (2012年) ベージュ脂肪細胞 って言うのがあることが解りました。

 

 

 

こちらは、 小さな豆つぶほどの大きさで、白色脂肪細胞のなかに散在します。

 

 

筋肉が作り出すイリシンと言うホルモンが、 白色脂肪細胞をベージュ脂肪細胞に変えて、

 

褐色脂肪細胞に近い働きをすることが解りました。

 

イリシンは、運動によって増加するので、 運動すると痩せると言うのも 

 

ある意味、理にかなっていますね。

コメントは利用できません。